2017年03月05日

おクルマを売る際の最初のステップ

「車買取業者について教えてください。 26年式のコンパクトカーの売却を検討中です...」 より引用

車買取業者について教えてください。 26年式のコンパクトカーの売却を検討中です。 ネットで一括査定したところ該当店舗は次の通りです。 ・ネクステージくるま買取センター本店 ・ラビット ・ビッグモーター ・カーセブン ・キャスト本店 ・ガリバー この中で最も安心+高値で取引できる店舗はどちらでしょうか。 また、ここはやめた方という店舗があれば教えてください。 いずれも理由も教えてください。 宜しく…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋 http://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEzMTY3MDkyMTU4


おクルマを売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。
ウェブで簡易査定を受けた後、現物を見た上で買取り価格が算出されます。
価格と説明に納得すれば、印鑑や必要な書類を整え、その専業店と売買契約を締結します。
あとは車の所有者の名義変更や、車の引き取り等の作業をしゅうりょうしたあと、買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。
これで売却に関する全ての作業が終わります。
おクルマ売買に於いて、その査定基準は、くるまの内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。
査定基準のうちで外装と内装に関していえば、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行なうことで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。
事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、初めから正直に答えましょう。
これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、最終的な見積額を決定します。
業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。
基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。
そして過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、くるま市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。
ただ、車が全く売れないというものではありません。
ここは視点を変えてみましょう。
そういった車を専門に扱う専業店であれば、細かくパーツ分けした査定を行って、けしてゼロ円などという結果にはなりません。
車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに下取りして貰う方法、自ら自動車オークションにだしてしまう方法も存在します。
オークションをするときには、売ろうとする車の画像や説明文を他の人が読んだときになるべく理解しやすく掲さいすることが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。
それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見て貰うことが望ましいです。
これら以外で自分が重要だと感じたことは、双方で念書などを制作して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きが出来るというものです。


posted by 車調査士 at 02:22| 日記